櫻木神社

御祭神  倉稲魂命(うかのみたまのみこと)  武甕槌命(たけみかづちのみこと)   伊弉ギ尊(いざなぎのみこと・ギの字が出ません)  伊弉冉尊(いざなみのみこと)

野田市桜台210  東武野田線野田市駅より徒歩10分

櫻木神社の社   櫻の紋



地図を片手に訪ねてみれば
さら地広がりやしろはいずこ。

旺文社1996年1月発行の地図を見ながら行ってみたら、神社が
無い。

住宅地として開発されるための立派なサラ地になっていた……
後で知ったが、1995年(平成7年)に現在地に移転。

名前に使われてるように
神社の由来は、桜の美しい大木があったので社を建てた。

風雅な理由だと思ったら、藤原家の人がやらかした という。

藤原家といえば、平安時代の、メジャー級貴族。
851年、藤原嗣良公がここに宮を建立したと。

京都ではなく。
何があったんですか。

境内社

天満宮 音女稲荷神社
創建 明治19年
平成18年、櫻木神社境内に鎮座
日天社


野田で一番古い社で、平成13年は1150年の記念年にあたり
何かやるので寄付を、と募る看板があった。


変わった桜の木が境内にある。

十月櫻



10月〜12月と4月の下旬に二度も咲く。(12月31日撮影)

側の看板によれば、花の色も淡紅から白まで変異多しと、
サービス精神旺盛な桜。
?

12月31日の大祓 
紙の人形(ひとがた)を使う。
夏越の祓では使った茅の輪くぐりは、無い
大祓の祝詞は、コピーしたモノが配られていた。

2000年6月30日 「夏越の祓」

2002年2月20日 「御武射」

用語のトップ     トップ      野田市     流山市     柏市

inserted by FC2 system